飲食店への開店祝い

飲食店への開店祝いに最適な商売繁盛だるま・青色

飲食店への開店祝い:右側

飲食店への開店祝い:正面

飲食店への開店祝い:左側

胡蝶蘭や観葉植物以外のお祝いギフトにおすすめ

「商売繁盛だるま(青色)」のお腹には「商売繁盛」の文字、目の左右には「千客万来」「大願成就」の文字が描いてありますので、

「お客様をたくさん招きよせて、商売を繁盛させたい」

方におすすめです。

こちらの商売繁盛だるまは、だるまの中では比較的めずらしい「青色」で、作られています。

濃い青色、または藍色はサムライブルーで使用されているとおり、日本の伝統的な色となります。

ですので、

「海外からのお客様を相手にしている商売の方」

「海外に進出して商売を拡大したい方」

などにおすすめな商品です。

こちらの「商売繁盛だるま(青色)」は、ご自分のためにお買い求めになるのも結構ですが、

「観葉植物や胡蝶蘭などお花以外の贈り物」

「飲食店を開業される方へのお酒以外のプレゼント」

「開店するお店の名前を名入れした記念品」

「お祝いのメッセージを寄せ書きしてプレゼントするためのお祝いギフト」

などとしてお買い求めいただくのもおすすめです。

達磨の取り扱い通販サイトと紹介について

こちらの「オーダーメイド達磨」は、「高崎だるま通販サイト鈴屋 公式サイト」にて、販売しております。
高崎だるま通販サイト鈴屋の公式サイトへ

開店祝いだるまの紹介

開店祝いのプレゼント

花以外の開店祝い

お店のオープン祝い

飲食店への開店祝い

ラーメン屋への開店祝い

美容室への開店祝い

スナックへの開店祝い

バーへの開店祝い

 

開業祝いだるまの紹介

開業祝いのプレゼント

会社創業記念のお祝い品

開業祝いの贈り物

花以外の開業祝い

建設業の独立開業祝い

運送業の独立開業祝い

開院祝いだるまの紹介

開院祝いの贈り物

動物病院への開業祝い

動物病院への開院祝い

病院への開業祝い

病院への開院祝い

接骨院への開院祝い

お祝いのマナーについて

おすすめなお祝いギフトについて

開店祝いの贈り物には縁起物を贈る習慣があります。具体的な品としては、

「だるま」

「招き猫」

「七福神の置物」

「たぬきの置物」

『「大入り」と書かれた額』

などがあります。

☆お店への贈り物

しかし、友人・知人としてお祝いする場合は、縁起物にこだわる必要はありません。

本人の希望を優先し、お店やオフィスで使うタオルや、花瓶、石鹸、傘立てなどの実用品を贈っていただいても結構です。

胡蝶蘭や観葉植物などお花のマナーについて

もし迷ったときは、生花などが無難です。

「胡蝶蘭や観葉植物などの鉢植え」

「お祝いスタンド花」

「フラワーアレンジメントの花かご」などがよろしいでしょう。

開店祝いにお花を贈る場合、5千~1万円が金額の相場になります。

おすすめ出来ない贈り物について

開店祝いの贈り物には、「燃える」「倒れる」などの忌み言葉を連想させるものや、「水に流れる」「お茶をひく」などの忌み言葉を連想させるものは避けるようにしてください。

具体的には、

「ストーブ」

「キャンドル」

「ランプ」

「灰皿」

「ライター」

「水に関わるもの」

「お茶」

などは避けるようにしてください。

お祝いの金額の相場について

一般的に目上の人に現金を包むのは失礼とされていますが、開店祝いの場合は問題ありません。

相場の目安:身内なら1万円~5万円

相場の目安:友人なら5千円~1万円

ギフトに添えるメッセージの文例について

・ご開店を祝し、今後のご繁栄をお祈りいたします。

・ご開店を祝し、ご繁盛を祈ります。

・新築開店おめでとうございます。

・多年の願いがかなったご開店、心からお祝い申し上げます。ドッとお客様に来て頂けるよう祈っております。

・千客万来、商売繁盛、念願成就、あなたのオールマイティを期待しております。おめでとうございます。

・微力ですがお力になれるのが楽しみです。力を合わせてお店を繁盛させたいと心から願っております。今後のご活躍をお祈りいたします。

お返し(内祝い)のマナーについて

披露パーティーでのおもてなしが、お祝いのお返しとなりますので、お返しは原則として不要ですが、店名(会社名)、住所、電話番号を入れた記念品を披露パーティーで渡すか、開店・開業通知に沿えて送るようにします。

☆記念品の選び方

記念品は、ボールペン、グラス、湯飲み、コースター、タオル、灰皿などの小物から、時計などの装飾品まで、お店や事業所の規模や記念品を差し上げる範囲に応じて、選んでください。

☆飲食店の場合

また、飲食店などお店の場合は、割引のチケットや無料サービス券を添付すると、今後の集客にもつながることでしょう。

☆金額の相場

一般的に、現金でお祝いをいただいた場合、お返しの金額は頂いた金額の半額程度とされています。

☆記念品を贈る時期

具体的には決まっていませんが、開店してから1週間以内に贈るようにしてください。

「電報文例集」より

「NTT D-MAIL」より

「冠婚葬祭 マナーの便利帖」より