開業祝いの相場|胡蝶蘭やギフトの金額やマナーを解説

開業祝いの相場について

ご祝儀やギフトの金額について

一般的に目上の人に現金を包むのは失礼とされていますが、開店祝いの場合は問題ありません。

相場の目安:身内(兄弟)なら1万円~5万円

相場の目安:友人なら5千円~1万円

☆贈るタイミングについて

当日に持参して渡すようにします。

おすすめのお祝いギフトについて

開業祝いの贈り物には縁起物を贈る習慣があります。具体的な品としては、

「だるま」

「招き猫」

「七福神の置物」

「たぬきの置物」

『「大入り」と書かれた額』

などがあります。

☆お店やオフィスへのお祝いギフトについて

しかし、友人・知人としてお祝いする場合は、縁起物にこだわる必要はありません。

本人の希望を優先し、お店やオフィスで使うタオルや、花瓶、石鹸、傘立てなどの実用品を贈っていただいても結構です。

おすすめ出来ない贈り物について

開業祝いの贈り物には、「燃える」「倒れる」などの忌み言葉を連想させるものや、「水に流れる」「お茶をひく」などの忌み言葉を連想させるものは避けるようにしてください。

具体的には、

「ストーブ」

「キャンドル」

「ランプ」

「灰皿」

「ライター」

「水に関わるもの」

「お茶」

などは避けるようにしてください。

胡蝶蘭などお花の金額について

開業祝いにお花を贈る場合、5千~1万円が金額の相場になります。

☆贈る花の形態について

開業祝いに最適なお花の形態は「胡蝶蘭」「お祝いスタンド花」「アレンジメント」「観葉植物」などがおすすめです。

☆お花を贈るタイミングについて

開業祝いにお花を贈るタイミングは、生花・花輪ともに開業の当日の朝に届くようにします。

ご祝儀袋の書き方について

水引:紅白の蝶結び

のし:あり

表書き/上書き:「御祝」「祝 御開業」「御開業」など

表書き/姓名:上書きよりやや小さめのフルネーム

のし・開業祝い

お返しの金額について

一般的に、現金でお祝いをいただいた場合、お返しの金額は頂いた金額の半額程度とされています。

お返しのマナーについて

披露パーティーでのおもてなしが、お祝いのお返しとなりますので、お返しは原則として不要ですが、店名(会社名)、住所、電話番号を入れた記念品を披露パーティーで渡すか、開店・開業通知に沿えて送るようにします。

☆お返しの熨斗の書き方について

水引:紅白の蝶結び

のし:あり

表書き/上書き:「開店記念」「開業記念」

表書き/名前:店名

「知識ゼロからの喜ばれる贈り物のマナー」より

「冠婚葬祭 マナーの便利帖」より

達磨の紹介について

開業祝いだるまの紹介

開業祝いのプレゼント

会社創業記念のお祝い品

開業祝いの贈り物

花以外の開業祝い

建設業の独立開業祝い

運送業の独立開業祝い

開店祝いだるまの紹介

開店祝いのプレゼント

花以外の開店祝い

お店のオープン祝い

飲食店への開店祝い

ラーメン屋への開店祝い

美容室への開店祝い

スナックへの開店祝い

バーへの開店祝い

 

開院祝いだるまの紹介

開院祝いの贈り物

動物病院への開業祝い

動物病院への開院祝い

病院への開業祝い

病院への開院祝い

接骨院への開院祝い

記事のカテゴリー別の一覧

開店祝いのマナー

開業祝いのマナー

開院祝いのマナー

縁起物の意味